ロング シャツ 重ね着 苦手 着回し aco ファッション 大人カジュアル

ロング丈のシャツを使った 外さない着回しコーデの方法

ロング シャツ 重ね着 苦手 着回し aco ファッション 大人カジュアル

今日はロング丈のシャツを使った着回しコーデです。

この冬、ニットとの重ね着を多用しています。

ロングシャツの良い所

  • 丈が長いという事は、重ねた時にニットから出る長さを気にしなくて良い
  • ニットだけよりも、中に白が入る事によって、顔回りが明るく見える
  • 重ねているので、1枚着よりも雰囲気的にお洒落っぽく見える

合わせるニットのお薦めはこれ

  • クルーネック
  • Vネック
  • 少し大き目でルーズなニットも◎
  • シャツを白で想定しているので、色は白以外のベージュから何色でも可

合わせない方が良さそうなのはこれ

  • 襟付きのニット
  • フード付きのニット
  • タイトなシルエットのニット
  • カーディガン

襟付きだと、シャツの襟と重なると邪魔になるというか
襟の形を考えなくてはうまくまとまらないと思うので、避けた方が良い

フード付きも同じ理由で重ね着のスキルが試されるので、ひとまず避けてみる

タイトなシルエットだと、中にシャツが着れない
もし、着られたとしてもゴワゴワ?なんとなく着心地が悪くなるので
あえて避けた方が良い

カーディガンは、ありといえばありなのですが
カーディガンのボタンと、シャツのボタンが並ぶので
スッキリ見せるためにはカーディガンではない方が良い

ロング シャツ 重ね着 苦手 着回し aco ファッション 大人カジュアル

お薦めのニットの丈はこれ

ショート丈
これに尽きます。

ロングのシャツと重ねた時に、ニットの丈が短いことによって
目線が上の方に行きます。
そうすると、全体のバランスが上にいくので、足長効果もあって良いです。

ボトムスはこれと合わせる

基本はパンツが◎

細身のパンツの方がよりスッキリ感があります。
ゆったり目のシャツを想定しているので、
上ゆったり、下タイトなのがノーマルにバランスが良いです。

ワイドパンツはダメなのか。

そんな事はなく、全体的にゆったりとしたシルエットも流行っているので
逆に今年らしい印象に見えると思います。

スッキリ見せたい場合は、細身なパンツを合わせると良いです。

スカートは合わせない方が良いのか。

上手に合わせないとバランスが悪くなるのがスカートとの合わせ方。

ボリューム感のあるフレアシルエットだと全体のバランスが下に行ってしまうのでお薦めしないです。

もし、スカートを履くならIラインのタイプが良いと思います。

ロング シャツ 重ね着 苦手 着回し aco ファッション 大人カジュアル

靴はこれ

この点は何でもよいと思うのです(笑)

パンプス
ブーツ
ショートブーツ
スニーカー

なんでもござれ。

ただし気を付けたい点

「パンツと比較的同色系がお薦め」

ニットとシャツで、白+ニットの色があるので
他の色をさらに持ってくると、ばらけた印象になります。

パンツからそのまま靴への一体感がある方がバランスが良いです。

着用アイテム

シャツ:ZARA
ニット:flammeum
パンツ:ZARA
ショートブーツ:PAM
ショルダーバッグ:ZARA

このシャツを使った他のコーディネート

他のシャツを使ってニットと重ねたコーディネート例

ロング丈のシャツではなくても、重ねるとこんな感じになります。
すそからどれだけ見えるか、によっても印象が変わるかと思いますので
参考にしてみてください。